記録の力

リーズ大学から出た論文によると、Benjamin Harkin博士らの研究グループが出した研究結果に、目標を達成する時には、進行度を記録することが最も有効であることが発見されました。そして、Harkin博士の研究チームが138の研究データを解析したところ、進行度の記録を公開することがもっとも効果的だったということがわかった。

目標達成率をあげる記録の方法

1 自分の結果に直結する数値にフォーカスして記録する

2 公開する(パブリックコミットメント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です