【お知らせ】 Youtubeチャンネルはこちら!

第一印象の科学

Book Report

見た目の有能さは「着ている服」に左右されてしまうらしい

人は思った以上に「着ている服」で有能かどうか評価されてしまっているぞ!という実験結果

2020年にニューヨーク大学とプリンストン大学が発表した「第一印象の科学」で有名なアレクサンダー・トドロフ博士による研究(#1)によると、見た目の有能さは、割とどんな手を使っても、結局着ている服に左右されてしまう!ということが分かったようです。

この研究は、服装と見た目の有能さの関係性を調べるために9つの実験を行ったもので、全体的な実験の内容以下のような感じでした。

  • 服によって全80パターンある、人の上半身がペアで写った写真を参加者らに見せて、服の高級感(リッチorプア)によって見た目の有能さの評価がどのくらい違うのか?を検証した
  • 「服は無視して考えてください」と伝えたり、「正確に言い当てる程報酬がありますよ」とインセンティブを用意したり、「写真の人物たちは中堅の企業でセールスをしています」と経済的ステータスが同じだと教えたりすることで、服による見た目の有能さへの影響は弱まるのか?を検証した
  • 年齢による、服装に対する価値観を埋めるため、若い参加者から高齢者まで、幅広い年齢層を対象にして検証した

*写真は1ペアにつき0.1~1秒間で表示され、その後瞬時に評価をするという流れ。
*有能さは1(全く有能ではない)~9(非常に有能である)のリッカート方式で答える

そして上記の実験の結果をまとめると、以下のようなことが分かりました。

  • 実験全体を通して、参加者は写真の人物の有能さを「着ている服」によって判断していて、リッチな服を着ている程「有能である」と評価される傾向にあった
  • 多くの人たちは、他人の服を見てから10分の1秒で相手の能力を自動的に判断する
  • 事前に「この写真の人は裕福なんですよ」と伝えても、参加者はファッションで能力を判断し続けた
  • まったく同じ人が服を変えた場合でも、やっぱりみんなファッションで能力を判断し続けた
  • こうした服装の影響は、年齢に関係なく一貫して確認され、上記の実験内容におけるどの状況でも弱まることはなかった

ここから言えるのは、「人って、思った以上に見た目で有能かどうか判断されてるよね!」ということです。しかも、こうした影響は、あらゆる手段を以てしても打ち消すことはできなかった、と。予想以上に根深い影響であることが分かります。

また、顔写真を表示する時間をいじった場合にも同様の結果が得られていて、人は最短129ミリ秒(0.129秒)で他人の有能さをジャッジしてしまうということも分かりました。何とも衝撃的ですが、改めて過去の第一印象に関する報告が再現されたと言えましょう。

面接をせずに採用を判断した方が良いかもしれません。

では最後に今回のまとめを見ていきましょう。

  • 見た目の有能さは「着ている服」に左右されてしまうらしい
  • 実験全体を通して、参加者は写真の人物の有能さを「着ている服」によって判断していて、リッチな服を着ている程「有能である」と評価される傾向にあった
  • しかもこうした影響は、年齢に関係なく一貫して確認され、影響を弱めるためにあらゆる手段を尽くしても依然として残った

参考文献&引用

#1 Oh, D., Shafir, E. & Todorov, A. Economic status cues from clothes affect perceived competence from faces. Nat Hum Behav 4, 287–293 (2020). https://doi.org/10.1038/s41562-019-0782-4

人は顔で判断されている

プリンストン大学から出た論文(1)によると、「人は顔で能力や性格を判断されている」という結論でした

過去に行われた「顔と能力」に関する実験をレビューしたもので、人間は顔から相手の性格や能力を見抜くのは超苦手なのに、実際は顔だけを見て「性格がわかった!」と思い込んでしまう人が多いそうです。どうやら、人間には顔だけで相手を判断しがちなバイアスがあるみたいです。

実際に「信頼できそうな顔」の人ほど大きな起業のCEOになる確率が高く、「支配的な性格の顔」の人は軍隊のトップにつきがちで、「信頼できそうな顔」の人は多くの投資を集める傾向がありました

研究者によれば、それぞれ顔の特徴によって、他人からは以下の8パターンに判断されるようです。

Gr1b1