【お知らせ】 Youtubeチャンネルはこちら!

スティーブ・ジョブズの名言

Phrase

No.スティーブ・ジョブズの名言一覧
1量より質の方が大事。
二塁打2本よりも、ホームラン1本の方が価値はずっと高い。
2何か1つのことが上手くいったら、
そこにいつまでも留まらずに、別の素晴らしいことをやるべきだ。
次にするべきことを見つけろ。
3仕事は人生の大部分を占める。
心からの満足を得る唯一の方法は、素晴らしいと思える仕事をすること。
そして素晴らしい仕事をするには、自分がやっていることを愛することだ。
それがまだ見つかっていないのなら、探し続けろ。
4アップル社をクビになったことは、人生で起こった最高の出来事だった。
成功の重さは、再び初心者になって軽くなった。
自由になり、人生で一番クリエイティブな時期を過ごすことができた。
5自身がクオリティの基準となれ。
高い質を期待される環境に慣れていない者もいるのだから。
6自分はいつか死ぬという事実を覚えておくことは、
自分には失うものがあるという考えを避けるのに最良の方法である。
自分は裸だ、何も持って無いと考えるのだ。
そうすれば、自分の心に従うしかなくなるだろう。
7毎朝、鏡の中の自分に問いかけてきた。
「もしも今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることをやりたいと思うだろうか?」と。
NOと答える日が何日も続くようであれば、何かを変えなければならないということだ。
8人生において、僕が気に入ってる事はお金がかからない事ばかりだ。
結局、僕らが持っている一番貴重な資産は、(お金ではなく)時間なんだよ。
9点と点は、先を見ながらは繋げない。
過去を振り返ることで繋げるものだ。
だからその点と点が将来繋がると、信じなければならない。
自分の勇気でも、運命でも、人生でも、カルマでも、何かを信じなければならない。
この方法で失敗したことはない。
この方法は私の人生を変えてくれた。
10我々が持てる最も美しい体験は、ミステリアスなものだ。
真の芸術と科時間は限られているのだから、誰かの人生を生きて無駄にしてはいけない。
こうあるべきだという既成概念に囚われる事は、他の人間の考えに従って生きているのと同じだ。
11他者の意見に耳を傾け過ぎて、自分の心の声がかき消されてはいけない。
最も大事なのは、自分の心と直観に従う勇気を持つことだ。
あなたは、すでにどうなりたいかを直感的に知っているのだから。
それ以外の全ては重要ではない。
12自分がもうすぐ死ぬという事実は、
大きな決断をする手助けをしてくれる、人生で最高のツールだ。
外部からの期待、プライド、恥をかいたり失敗したりすることへの怖れなど、
ほとんど全てのものは死と向き合うと消え去る。
そして本当に大切なものだけを残してくれるんだ。
13シンプルにするっていうのは、複雑である事よりずっと難しいんだ。
シンプルなものを生み出すには、思考をシンプルにしなければならないからだ。
しかしそうする価値はある。
そこに到達できれば、山をも動かせるからだ。
14死んだ時に墓場で一番のお金持ちになりたいとは思わない。
私にとって重要なのは、夜眠るときに自分たちは素晴らしいことをしたと言えることだ。
15成功する起業家と失敗する起業家を分ける要素の半分は、純粋に忍耐力であると確信している。
16テクノロジーは重要ではない。
大事なのは、人は賢いということ、そして人を信じること。
人にツールを与えれば、それを使って素晴らしいことをするだろう。
17ただお客さんの望みを聞いて、それを与えようとしてはいけない。
望みどおりのものを作る頃には、お客さんは別の新しいものを欲しがるだろう。
18日本はとても興味深い。
彼らはコピー商品を作る、と言う人もいる。私は今ではそう思わない。
彼らは物を作り変えているのだ。
すでに発明されている物を、完全に理解するまで研究する。
時には、発明者よりも理解していることがある。
19年配の人たちは「これは何?」と尋ねる。
でも少年は「これで何ができるの?」と尋ねる。
20革新的なことをしていると、時には過ちを犯す。
ベストなのは間違いをさっさと認め、次のイノベーションの改善に取りかかること。
21やってきたことと同じぐらい、やらなかったことにも誇りを持っている。
イノベーションとは1000のことにノーと言うようなものだからだ。
22人は脳をオフにするためにテレビを見る。
そして、脳をオンにしたいときに、パソコンを使う。
23先頭を歩く人(リーダー)と、それについていく人(フォロワー)の違いは、
イノベーションを起こすかどうかだ。
24イノベーションは、廊下での立ち話や、夜10時半に新しいアイデアを伝える電話、
またはある問題についての今までの考えに穴を開けるような気づきから生まれる。
25重要なことに集中する唯一の方法は、ノーと言うことだ
26一番大切なのは、心の声や直感に従う勇気を持つこと。
27あなたの時間は限られている。
だから、誰かの人生を生きて無駄にしてはいけない。
28ハングリーであれ。愚か者であれ。
29情熱がたっぷりなくてはいけない。
そうでなければ生き残れない。
それがなければ人は諦めてしまう。

情熱とは何か?それはビジョン。
これが上手くいけば更に評価を得られ世界を変えられる。
アイディアや問題意識を持っていなくてはいけない。
差もないと忍耐力が持たない。
我慢さえ出来るならそれは上手くいったも同然なのだから
3010秒、起動が早くなれば何十人もの命が救えるんだ

将来的にMacユーザーが500万人になると予測しており、
起動時間を10秒早くするだけで1日5,000万秒も短縮できる。
1年なら何十人もの命を救う事が出来る。
私が今言ったことを覚えられないのか?ならすぐにやめろ

大事な会議の途中に社員がメモを取っていた際に真剣に話を聞いていけば、
メモを取らなくても覚えられるはずだと怒ったそうです。
マニュアルは小学校1年性が読めるようにすべきなんだ。
小学校1年生に書かせたっていいぐらいだ

Appleはマニュアルの簡素化に早くから取組み、他の企業が参考にする位まで完成されていた。
本棚に飾りたくなるくらい立派に作りたいと言う方針だった
自身がクオリティーの判断基準となれ。
中には高い質を求められる環境に慣れていないものもいる

デザインやプレゼンにもジョブズの拘りは強かった。
常に高い質を求め、社員にもそれを求めていた。
今のAppleがあるのは、
こういった高い質を追求する環境で生まれたのではないかと思う
腕利きの家具職人だったらその後ろが壁だからといって、
背面にベニア板を使うような事はしない

どんなの細かい所でもジョブズは、手を抜く事はしなかった。
たとえ箱の中に入っていたとしても限りなく美しく作って欲しいと技術チームに依頼していた。
一切の妥協をしないAppleのモノづくりはやはりジョブスから始まっている
科学者にしろ、
技術者にしろ、
真の優れた物は芸術家とほとんど違いはないと思う

優れた技術には、直感や想像力が必要とされる。
優れた芸術には、修練や規律が必要である。
技術と芸術は切り離せるものではなく、常に混在している表裏一体のものである。
消費者が何が欲しいかを聞いてそれを与えようとしてはいけない。
それが完成する時には、彼らは何か新しい物を欲しがっているのだから

Apple最大の強みは、これまでになかった物を創造する事、
そして変化速度が速い一般消費者の多様なニーズに答える事が出来る点にある。
こういう物を待ち望んでいた。と思えるような製品を提供できるのがApple。
世界で1番いいものを作りたくてウズウズしている人間を雇う
即戦力なんて存在しない。だから育てるのだ 

ピクサーを買収し、自社の社員で監督も脚本も行っていた。
人材に投資し、人材を育てアイディアを生み出すというもっとうからきている。
10年かけて優秀な人材を育てあげてきた
優秀な人材が沢山いる会社は少なくない。
だが最後にはそれらの人材を束ねる重力のようなものが必要になる 

会社の規模が大きくなれば経営する側と実際に働く社員との間に何層もの壁ができ、
現場の社員たちが自社の製品に愛着や夢を感じなれなくなってしまう事で生産力が低下するのだ。
ジョブズは優れた人材を集めた少人数のチームをいくつも作って自分でまとめていた。
これにより、いい製品をスピード感持って生み出していた
他社がどのような製品でどれほど儲けようと勝手だが、
三流の商品しか作らないという事実は許し難い 

マイクロソフトに向けたメッセージ。
オリジナルのアイディアに欠けている。
文化を感じない。
永年のライバル、ビルゲイツ、お互いを尊重しあい信頼関係がある中での発言
私は、才能をとことん援助する

取締役会で私は才能ある人材を集めて何かを作る事が得意です。
自分1人の力では限られてしまう事でも、
多種多様な才能を見つけ出しバックアップする事で不可能を可能にしてきた
ベストを尽くして失敗しても、ベストを尽くした事に変わりはない

ジョブズにとってベストを尽くすとは当たり前の事。
それを社員にも求めてきた。
ベストを尽くしたからといって必ずいい製品が出来る訳ではない。
しかもそれでもベストを尽くした事には変わりはない
出来ないはずがない。君が出来ないなら他の人間にさせるだけだ 

どうしても要求の達成が不可能な時は、
問題点と代替え案をしっかり提出するとジョブズは話を聞いてくれる。
しかし、発話は分かったが、そこは頑張ってくれ、僕の為に。
と突き返されたり、君が出来ないのであれば他の人間にやらせるまで。
つまりやるしかないのだ
起業家の資質の半分は我慢する事だ

起業は本当に厳しく、仕事の為だけに人生が費やされていく。
時としてレンガで頭を殴られるような事も起こる。
しかしそれでも好きな事をしようといているのだから我慢しようじゃないか
顧客に対して素晴らしい製品を提供し続けられるなら
不況の時代でも顧客は財布を開いてくれるものだ

ITバブルがはじけたあと、多くの企業が開発費を削ったのにも関わらず
Appleは新しい製品を開発する事をやめなかった。
後にiPod、iPhone、iPadが生まれたのだ