【お知らせ】 Youtubeチャンネルはこちら!

ゲームの科学

Report


メンタルヘルスに良い

以前の研究では、スクリーンを見つめる時間が長いほど、うつ病のリスクに関連している可能性が指摘されていた。別の研究では10代の若者が一日約1時間スクリーンを使用していることがわかりました。そして1時間以上スクリーンに費やす人は、不幸レベルが上昇していることがわかっています。

今回の研究では、ビデオゲームをしている人はうつ病を発症するリスクが低くなることがわかりました。理由について研究チームは、ビデオゲームが問題解決能力・協力・社会的関係が養われている可能性があると指摘しております。

参考文献

①A Kandola , N Owen, D W Dunstan , M Hallgren Prospective relationships of adolescents’ screen-based sedentary behaviour with depressive symptoms: the Millennium Cohort Study(2021)

②Hensel, A. “Can Your Really Boost Your Brain With Games? The FTC Isn’t So Sure.” Inc. https://www.inc.com/anna-hensel/after…

③Stanford Center on Longevity, “A Consensus on the Brain Training Industry from the Scientific Community.” http://longevity3.stanford.edu/blog/2…​. October 20, 2014

④Koenig, R. “Do ‘Brain Training’ Games Work? It Depends on Which Scientists You Ask.” The Chronicle of Higher Education December 17, 2014 (2014).

⑤Hurley, D. “The For-Real Science of Brain Training.” Scientific Amer Mind 27 (2016): 68-65.