【お知らせ】 Youtubeチャンネルはこちら!

目標達成の科学

Report


目標を達成するのに進捗確認はどのくらい大事なのか?

目標達成にはモニタリング(進捗確認)が必要不可欠?

参考になるのが2017年にシェフィールド大学が発表したメタ分析(#1)で、過去の138件ものRCTから19951名を対象に「ゴールまでの進捗確認は目標達成率を上げてくれるのか?」を調べてくれています。

では早速ですが、全体の結果を見てみましょう。結果

  • 目標達成効果は小~中くらい(d=0.40 95%CI:0.32 to 0.48)

dの値は効果量の大きさを示す数字。一般的にこの結果は小~中くらいです。なので、進捗の確認は目標達成に効果があるけれど小さいものだと捉えられます。

もう少し内容を詳しくみてみると、今度は進捗確認が目標達成をより近づける条件が分かりました。それは以下の2つです。

  • 進捗が紙などに物理的に記録されていた場合
  • 目標達成が公表されていた場合

つまり、「パブリックコミットメント」になります。

ちなみに進捗を記録したほうが良いのはどうして?という点については、確認だけじゃ不十分!という主張があります。これには「ダチョウ効果(#2)」という人間心理が関係していて、人が大事な局面で取るべきアクションから目を逸らしてしまうというもの。例えば進捗が悪いモノだった時、人は現実を見たくなくて十分にチェックせず目を逸らしてしまうかもしれません。がそこに客観的な記録があれば、しっかり向き合うことができますね。

まとめ

では最後に今回の内容をまとめます。

  • 進捗をこまめに確認すれば目標達成が多少しやすくなる
  • 目標は尊敬できる人に公言すると良さそう
  • 進捗はしっかり記録しよう

参考文献&引用

#1 Harkin B, Webb TL, Chang BP, et al. Does monitoring goal progress promote goal attainment? A meta-analysis of the experimental evidence. Psychol Bull. 2016;142(2):198–229.

目標の達成率が高まる技法「コピペ・プロンプト」

アンジェラ・ダックワース博士の研究(R)の紹介です。

「コピペ・プロンプト」とは目標達成テクニックで、「新しい習慣を身につけるために、うまくやってる友人の知恵を借りよう!」という考え方です。

研究の結論としては、次の通りでした。

  • コピペ・プロンプトを実践した参加者は、多くの時間を目標への行動を費やすようになった!

達成目標があるのなら、自分よりうまく目標をこなしている人を探して「どんなやり方をしてるの?」って尋ねてみるといいかと思います。

ゴール達成にはSMARTよりもFAST


ドナルド・サルが、「ゴール達成にはSMARTよりもFASTだ!」(R)というデータを出しておりました。

「SMART」はゴール達成法で、

  • S(具体的)=できるだけ具体的に明確な目標に落とし込む
  • M(計測可能)=目標の達成度が数字で把握できる
  • A(達成可能)=夢のような目標ではなく、現実に達成できそうなレベルを選ぶ
  • R(関連性)=自分の仕事の内容に関係があるかどうか
  • T(締め切りが明確)=いつまでの目標を達成するかを決める
     

というガイドラインの頭文字を取ったものです。

その正当性についてはある程度の支持(R)があり、SMARTを設定すればゴール達成までの時間効率が上がることがわかってたりします。

が、ここで近年になって問題視されてきています。それは

  • SMARTだと変化が激しい状況では対応できないのでは?

です。

そこで研究チームはGoogleやインテルといった企業から、目標達成に関する50万件以上のデータを集めまして、「ゴール達成率が高い組織はどんな設定法を使っているのか?」というポイントを抽出してくれています。

その結果

  • 成功する人が使っているのはSMARTよりもFASTだ!

と分かりました。SMARTと同じくFASTも複数の基準の頭文字を取っていて、具体的には以下のようになります。

  • Frequent discussions(頻繁な議論)
  • Ambitious in scope(野心的)
  • Specific metrics(明確な基準)
  • Transparent(透明性)

では、FASTがどんな定義なのかを見ていきましょう。

Frequent discussions(頻繁な議論)

進捗状況のレビュー、リソースの割り当て、タスクの優先順位、フィードバックの提供などについて、何度も組織内で議論が行われること。
この条件を満たすと、以下のメリットがある。

  • 重要な決定に対するガイドラインが得られる
  • チームのメンバーが、もっとも重要なものごとにフォーカスできる
  • 自分のパフォーマンスへのフィードバックを明確なゴールにつなげられる
  • プロジェクトの進捗状況をチェックして、進路を正すことができる

Ambitious in scope(野心的)

難しいゴールだが、決して達成が不可能ではないレベルに難易度を設定すること。
この条件を満たすと、以下のメリットがある。

  • チームと個人のパフォーマンスが上がる
  • 手抜きのリスクを下げられる
  • ゴール達成のためにより革新性の高い手法を探すようになる

Specific metrics(明確な基準)

ゴールまでの道のりが、詳細な基準と小目標によって明確にされていること。
この条件を満たすと、以下のメリットがある。

  • 経営者が望んでいることを、組織の人間に明確に伝えることができる
  • 何がうまくいかないのかを素早く突き止め、手順を修正することができる
  • 個人やチームのパフォーマンスをブーストできる

Transparent(透明性)

ゴールの存在や現在のパフォーマンスを公にして、チームのメンバーの目に見える状態にすること。
この条件を満たすと、以下のメリットがある。

  • 同調圧力によりゴール達成のやる気が高まる
  • チームメンバーの活動が、どのように組織のために役立っているのかを見せられる
  • 組織のためにならない戦略や、組織の価値観に外れた戦略がすぐにわかる

ロールモデルを使った目標達成方法

リュミエール・リヨン第2大学の研究(R)の紹介です。「目標達成にロールモデルをうまく使おう!」という内容です。

  • 目標が「獲得ゴール」の場合はポジティブなロールモデルが有効
  • 目標が「予防ゴール」の場合はネガティブなロールモデルが有効

みたいに2種類の目標に対してロールモデルを適用させます。「獲得ゴール」は「何かを手に入れる!」というタイプの目標で、「予防ゴール」は「何かを避ける!」というタイプの目標のことです。

この研究で行われた実験では、目標とロールモデルの種類が合致した場合に、もっとも食事の改善効果が高くなったんだそうです。

以上の知見をふまえたうえで、「正しいロールモデルの使い方」を見てみましょう。

ステップ1:ゴール設定

まずは、今年から取り組みたい目標を決めて書きだします

ステップ2:ゴールの種類を特定

 ステップ1で決めたゴールが、「獲得ゴール?それとも予防ゴール?」かを考えて、ゴールの下に書いておきましょう。

ステップ3:ロールモデル設定

最後に、ゴールの種類に適したロールモデルを決めましょう。ここで選ぶモデルはどんな人でもOKです。もし「このロールモデルでいいのかな?」といった悩みが浮かんだら、以下の質問について考えてみてください。

  1. そのロールモデルは、自分が達成したいゴールに適しているだろうか? ゴールの内容に沿った人物を選んだろうか?
  2. この人がロールモデルとして最適だと考えた理由は?
  3. 自分が達成したいゴールについて、そのロールモデルから学べることはなんだろう?
  4. そのロールモデルが自分のゴールを応援してくれてるとしたら、何を言ってくれそうだろうか?